メインコンテンツまでスキップ
バージョン: 20 R5 BETA

ORDAクラス関数の呼び出し

RESTリクエストを使って、ORDAデータモデルに定義されている データモデルクラス関数 を呼び出すことで、ターゲット 4Dアプリケーションの公開API を活用できます。

関数を呼び出すには () を省き、適切な ORDA のコンテキストにおいて POST リクエストでおこないます。 たとえば、City DataClassクラスに getCity() 関数を定義した場合、次のリクエストで呼び出すことができます:

/rest/City/getCity

POST リクエストのボディに関数に渡す引数を含めます: ["Aguada"]

この呼び出しは、4Dランゲージでは次のステートメントに相当します:

$city:=ds.City.getCity("Aguada")

RESTリクエストで直接呼び出せるのは exposed キーワードが付いた関数のみです。 公開vs非公開関数 の章を参照ください。

関数の呼び出し

関数は必ず REST の POST リクエストで呼び出さなくてはなりません (GETリクエストの場合はエラーが返されます)。

サーバーのデータストアーの対応するオブジェクトを対象に、関数は呼び出されます。

クラス関数シンタックス
DataStore クラス/rest/$catalog/DataStoreClassFunction
DataClass クラス/rest/{dataClass}/DataClassClassFunction
EntitySelection クラス/rest/{dataClass}/EntitySelectionClassFunction
/rest/{dataClass}/EntitySelectionClassFunction/$entityset/entitySetNumber
/rest/{dataClass}/EntitySelectionClassFunction/$filter
/rest/{dataClass}/EntitySelectionClassFunction/$orderby
Entity クラス/rest/{dataClass}(key)/EntityClassFunction/

/rest/{dataClass}/Function は DataClassクラスまたは EntitySelectionクラスの関数を呼び出すのに使えます (/rest/{dataClass} はデータクラスの全エンティティをエンティティセレクションに返します)。\ EntitySelection クラスの関数が先に探されます。 見つからない場合に、DataClassクラスを探します。 つまり、同じ名称の関数が DataClassクラスと EntitySelectionクラスの両方に定義されている場合、DataClassクラスの関数が実行されることはありません。

プロジェクトがコンパイル済みモードで実行される場合、RESTサーバーは常にプリエンプティブプロセスを使用するため、RESTリクエストから呼び出されるすべての 4Dコードは スレッドセーフでなければなりません (プリエンプティブプロセスを使用 の設定値 は、RESTサーバーによって無視されます)。

引数

ORDAユーザークラスに定義された関数には、引数を渡すことができます。 サーバーサイドでこれらの引数は、クラス関数の 宣言されたパラメーター に受け渡されます。

次のルールが適用されます:

  • 引数はすべて、POSTリクエストのボディ に渡す必要があります:
  • 引数はコレクション (JSON形式) の中に格納する必要があります。
  • JSON コレクションがサポートしているスカラーなデータ型はすべて引数として渡せます。
  • エンティティやエンティティセレクションも引数として受け渡せます。 この際、対応する ORDAオブジェクトにデータを割り当てるために RESTサーバーが使用する専用の属性 (DATACLASS, ENTITY, ENTITIES, DATASET) を JSONオブジェクトに含めなくてはなりません。

エンティティを引数として受け取る例題エンティティセレクションを引数として受け取る例題 を参照ください。

スカラー値の引数

引数は、ボディに定義されたコレクションに格納します。 たとえば、DataClass クラス関数 getCities() がテキスト引数を受け取る場合: /rest/City/getCities

ボディの引数: ["Aguada","Paris"]

引数としてサポートされるのは、JSONポインターを含むすべての JSON のデータ型です。 日付は ISO 8601形式の文字列として渡せます (例: "2020-08-22T22:00:000Z")。

エンティティ引数

引数として渡されたエンティティは、キー (__KEY プロパティ) によってサーバー上で参照されます。 リクエストにおいてキーが省略されていれば、サーバーのメモリに新規エンティティが読み込まれます。 エンティティが持つ属性について、値を受け渡すことも可能です。 サーバー上でこれらの値は自動的に当該エンティティ用に使用されます。

サーバー上の既存エンティティについて変更された属性値をリクエストが送信した場合、呼び出した ORDAデータモデル関数は自動的に変更後の値で実行されます。 この機能によって、たとえばエンティティに対する処理の、すべてのビジネスルールを適用した後の結果をクライアントアプリケーションから確認することが可能です。 その結果をもとにエンティティをサーバー上で保存するかどうかを判断できます。

プロパティタイプ説明
エンティティの属性mixed任意 - 変更する値
__DATACLASSString必須 - エンティティのデータクラスを指定します
__ENTITYBoolean必須 - true は引数がエンティティであることをサーバーに通知します
__KEY混合 (プライマリーキーと同じ型)任意 - エンティティのプライマリーキー
  • __KEY が省略された場合、指定した属性を持つ新規エンティティがサーバー上で作成されます。
  • KEY が提供された場合、KEY が合致するエンティティが指定した属性とともにサーバー上に読み込まれます。

エンティティを 作成 または 更新 する例題を参照ください。

リレートエンティティ引数

エンティティ引数 と同じプロパティを持ちます。 異なる点は、リレートエンティティは存在していなければならないため、プライマリーキーを格納する __KEY を省略できません。

リレートエンティティを持つエンティティを 作成 または 更新 する例題を参照ください。

エンティティセレクション引数

引数として渡すエンティティセレクションはあらかじめ $method=entityset によって定義されている必要があります。

変更されたエンティティセレクションをリクエストがサーバーに送信した場合、呼び出した ORDAデータモデル関数は自動的に変更後のエンティティセレクションで実行されます。

プロパティタイプ説明
エンティティの属性mixed任意 - 変更する値
__DATASETString必須 - エンティティセレクションのエンティティセットID (UUID)
__ENTITIESBoolean必須 - true は引数がエンティティセレクションであることをサーバーに通知します

エンティティセレクションを引数として受け取る例題 を参照ください。

リクエストの例題

このデータベースは、localhost (ポート8111) 上でリモートデータストアーとして公開されています。

alt-text

データストアークラス関数を使用する

US_Cities DataStoreクラスは API を提供しています:

// DataStore クラス

Class extends DataStoreImplementation

exposed Function getName() : Text
return "US cities and zip codes manager"

次のリクエストを実行します:

POST 127.0.0.1:8111/rest/$catalog/getName

戻り値

{
"result": "US cities and zip codes manager"
}

DataClassクラス関数を使用する

City の DataClassクラスは、引数として受け取った名前をもとに City エンティティを返す API を提供しています:

// Cityクラス

Class extends DataClass

exposed Function getCity($city : Text ) : cs.CityEntity
return This.query("name = :1";$city).first()

次のリクエストを実行します:

POST 127.0.0.1:8111/rest/City/getCity

リクエストのボディ: ["Aguada"]

戻り値

結果は、次のエンティティです:

{
"__entityModel": "City",
"__DATACLASS": "City",
"__KEY": "1",
"__TIMESTAMP": "2020-03-09T08:03:19.923Z",
"__STAMP": 1,
"ID": 1,
"name": "Aguada",
"countyFIPS": 72003,
"county": {
"__deferred": {
"uri": "/rest/County(72003)",
"__KEY": "72003"
}
},
"zips": {
"__deferred": {
"uri": "/rest/City(1)/zips?$expand=zips"
}
}
}

Entityクラス関数を使用する

CityEntity の Entityクラスは API を提供しています:

// CityEntityクラス

Class extends Entity

exposed Function getPopulation()
return This.zips.sum("population")

次のリクエストを実行します:

POST 127.0.0.1:8111/rest/City(2)/getPopulation

戻り値

{
"result": 48814
}

EntitySelectionクラス関数を使用する

CitySelection の EntitySelectionクラスは API を提供しています:

// CitySelection クラス

Class extends EntitySelection

exposed Function getPopulation()
return This.zips.sum("population")

次のリクエストを実行します:

POST 127.0.0.1:8111/rest/City/getPopulation/?$filter="ID<3"

戻り値

{
"result": 87256
}

EntitySelectionクラス関数とエンティティセットを使用する

StudentsSelection クラスは getAgeAverage 関数を持ちます:

// StudentsSelection クラス

Class extends EntitySelection

exposed Function getAgeAverage : Integer
var $sum : Integer
var $s : Object

$sum:=0
For each ($s;This)
$sum:=$sum+$s.age()
End for each
return $sum/This.length

あらかじめ作成した既存のエンティティセットを使い、次のリクエストを実行します:

POST 127.0.0.1:8044/rest/Students/getAgeAverage/$entityset/17E83633FFB54ECDBF947E5C620BB532

戻り値

{
"result": 34
}

EntitySelectionクラス関数と orderBy を使用する

StudentsSelection クラスは getLastSummary 関数を持ちます:

// StudentsSelection クラス


Class extends EntitySelection

exposed Function getLastSummary : Text
var $last : Object

$last:=This.last()
return =$last.firstname+" - "+$last.lastname+" is ... "+String($last.age())

次のリクエストを実行します:

POST 127.0.0.1:8044/rest/Students/getLastSummary/$entityset/?$filter="lastname=b@"&$orderby="lastname"

戻り値

{
"result": "Wilbert - Bull is ... 21"
}

サーバー上に作成されるエンティティを使用する

Students DataClassクラスは、データを含むエンティティをクライアントから受け取る pushData() 関数を持ちます。 checkData() メソッドはいくつかの検証を実行します。 問題がなければ、エンティティは保存されて返されます。

// Students クラス

Class extends DataClass

exposed Function pushData($entity : Object) : Object
var $status : Object

$status:=checkData($entity) // $status is an object with a success boolean property

If ($status.success)
$status:=$entity.save()
If ($status.success)
return $entity
End if
End if

return $status


次のリクエストを実行します:

POST http://127.0.0.1:8044/rest/Students/pushData

リクエストのボディ:

[{
"__DATACLASS":"Students",
"__ENTITY":true,
"firstname":"Ann",
"lastname":"Brown"
}]

__KEY が提供されていないため、サーバー上では クライアントから受け取った属性を持つ 新規の Studentsエンティティが読み込まれます。 pushData() 関数が save() を実行するため、この新規エンティティは保存されます。

戻り値

{
"__entityModel": "Students",
"__DATACLASS": "Students",
"__KEY": "55",
"__TIMESTAMP": "2020-06-16T10:54:41.805Z",
"__STAMP": 1,
"ID": 55,
"firstname": "Ann",
"lastname": "BROWN",
"schoolID": null,
"school": null
}

エンティティを更新する

__KEY 属性を使って、上の例題と同じことをおこなうと、エンティティを更新します。

次のリクエストを実行します:

POST:http://127.0.0.1:8044/rest/Students/pushData

リクエストのボディ:

[{
"__DATACLASS":"Students",
"__ENTITY":true,
"lastname":"Brownie",
"__KEY":55
}]

__KEY が提供されているため、クライアントから受け取った lastname属性値を持つ プライマリーキーが 55 の Studentsエンティティが読み込まれます。 pushData() 関数が save() を実行するため、このエンティティは更新されます。

戻り値

{
"__entityModel": "Students",
"__DATACLASS": "Students",
"__KEY": "55",
"__TIMESTAMP": "2020-06-16T11:10:21.679Z",
"__STAMP": 3,
"ID": 55,
"firstname": "Ann",
"lastname": "BROWNIE",
"schoolID": null,
"school": null
}

リレートエンティティを持つエンティティを作成する

プライマリーキー 2 を持つ Schoolsエンティティをリレートエンティティとして、新規 Studentsエンティティを作成します。

次のリクエストを実行します:

POST:http://127.0.0.1:8044/rest/Students/pushData

リクエストのボディ:

[{
"__DATACLASS":"Students",
"__ENTITY":true,
"firstname":"John",
"lastname":"Smith",
"school":{"__KEY":2}
}]

戻り値

{
"__entityModel": "Students",
"__DATACLASS": "Students",
"__KEY": "56",
"__TIMESTAMP": "2020-06-16T11:16:47.601Z",
"__STAMP": 1,
"ID": 56,
"firstname": "John",
"lastname": "SMITH",
"schoolID": 2,
"school": {
"__deferred": {
"uri": "/rest/Schools(2)",
"__KEY": "2"
}
}
}

リレートエンティティを持つエンティティを更新する

既存の Schools エンティティを既存の Studentsエンティティに紐付けます。 StudentsEntity クラスは次の API を提供しています:

// cs.StudentsEntity クラス

Class extends Entity

exposed Function putToSchool()
var $1, $school , $0, $status : Object

// $1 は Schools エンティティ
$school:=$1
// Schools リレートエンティティをカレントの Students エンティティに紐付けます
This.school:=$school // このとき、school は N対1リレーション名です

$status:=This.save()

$0:=$status

You run this request, called on a Students entity : POST http://127.0.0.1:8044/rest/Students(1)/putToSchool Body of the request:

[{
"__DATACLASS":"Schools",
"__ENTITY":true,
"__KEY":2
}]

戻り値

{
"result": {
"success": true
}
}

エンティティセレクションを引数として受け取る

Students DataClassクラスは、受け取ったエンティティセレクション ($1) を更新する setFinalExam() 関数を持ちます。 実際には、エンティティセレクション内の各エンティティの finalExam 属性値を、2つ目に渡した引数 ($2) に更新します。 最後に、更新されたエンティティのプライマリーキーを返します。

// Students クラス

Class extends DataClass

exposed Function setFinalExam()

var $1, $es, $student, $status : Object
var $2, $examResult : Text

var $keys, $0 : Collection

// エンティティセレクション
$es:=$1

$examResult:=$2

$keys:=New collection()

// エンティティセレクションを捜査します
For each ($student;$es)
$student.finalExam:=$examResult
$status:=$student.save()
If ($status.success)
$keys.push($student.ID)
End if
End for each

$0:=$keys

次のようなリクエストでエンティティセットをあらかじめ作成します:

http://127.0.0.1:8044/rest/Students/?$filter="ID<3"&$method=entityset

次のリクエストを実行します:

POST http://127.0.0.1:8044/rest/Students/setFinalExam

リクエストのボディ:

[
{
"__ENTITIES":true,
"__DATASET":"9B9C053A111E4A288E9C1E48965FE671"
},
"Passed"
]


戻り値

プライマリーキー 1と2 のエンティティが更新されました:

{
"result": [
1,
2
]
}

クライアント側で更新されたエンティティセレクションを使用する

前述getAgeAverage() 関数を使います。

var $remoteDS, $newStudent, $students : Object
var $ageAverage : Integer

$remoteDS:=Open datastore(New object("hostname";"127.0.0.1:8044");"students")

// $newStudent は処理する Studentsエンティティです
$newStudent:=...
$students:=$remoteDS.Students.query("school.name = :1";"Math school")
// We add an entity to the $students entity selection on the client
$students.add($newStudent)

// We call a function on the StudentsSelection class returning the age average of the students in the entity selection
// The function is executed on the server on the updated $students entity selection which included the student added from the client
$ageAverage:=$students.getAgeAverage()