メインコンテンツまでスキップ
バージョン: v20 R3

On After Keystroke

コード呼び出し元定義
284D Write Pro エリア - コンボボックス - フォーム - 入力 - リストボックス - リストボックス列フォーカスのあるオブジェクトに文字が入力されようとしている。 Get edited text はこの文字を 含む オブジェクトのテキストを返します。
履歴
バージョン内容
v18 R5- 入力不可リストボックスのサポート - イベントは IME確定後にトリガーされます

説明

On After Keystroke イベントは、一般的に On After Edit イベントで置き換えることができます (後述参照)。

On Before KeystrokeOn After Keystroke イベントプロパティを選択すると、FORM Event コマンドを使用して返される On Before KeystrokeOn After Keystroke イベントを検知し、オブジェクトへのキーストロークを処理できます (詳細は Get edited text コマンドの説明を参照ください)。

これらのイベントは POST KEY のようなユーザーアクションをシミュレートするコマンドによっても生成されます。

On After Keystroke イベントは次の場合には生成されません:

  • リストボックス列 メソッドの場合、ただし、セルを編集している場合を除きます (リストボックス メソッドではどのような場合でも生成されます)。
  • キーボードを使用せずに (ペーストやドラッグ&ドロップ、チェックボックス、ドロップダウンリスト、コンボボックス) おこなわれた変更の場合。 これらのイベントを処理するには On After Edit を使用します。

キーストロークシーケンス

入力に一連のキーストロークが必要な場合、On Before KeystrokeOn After Keystroke イベントは、入力がユーザーによって完全に確定されたときにのみ生成されます。 Keystroke コマンドは、確定済みの文字を返します。 このケースは主に以下のように発生します:

  • ^ や ~ のような特殊キーが使用された場合: その後に拡張された文字が入力された場合にのみ生成されます (例: "ê" や "ñ")。
  • IME (Input Method Editor) が、文字の組み合わせを入力するための中間的なダイアログボックスを表示している場合: IME のダイアログが確定されたときにのみイベントが発生します。

参照

On Before Keystroke