メインコンテンツまでスキップ
バージョン: v19 R7 BETA

座標とサイズ

自動行高

このプロパティは、配列型かつ階層のないリストボックスにおいてのみ使用可能です。 このプロパティはデフォルトではチェックされていません。

このプロパティが有効化されていると、カラムの内容に応じて各行の高さが 4D によって自動的に計算されます 行の高さを計算する際には、このオプションがチェックされているカラムのみが考慮されることに注意が必要です。

リストボックスの 横方向サイズ変更 プロパティに "拡大" を設定している場合にフォームをリサイズすると、一番右のカラムの幅は必要に応じて最大幅を超えて拡大されます。

このプロパティが有効化されていると、セルの内容がすべて表示され、切り落とされることがないように各行の高さが自動的に計算されます (ただしワードラップ オプションが無効化されている場合を除きます)。

  • 行の高さを計算する際には、以下のものが考慮されます:

    • 中身の型 (テキスト、数値、日付、時間、ピクチャー (計算結果はピクチャーフォーマットによります)、オブジェクト)
    • コントロールの型 (入力、チェックボックス、リスト、ドロップダウン)
    • フォント、フォントスタイル、フォントサイズ
    • ワードラップ オプション: 無効化されている場合、高さは段落の数に応じます (行は切り落とされます)。有効化されている場合、高さは行数に応じます (切り落とされません)。
  • 行の高さを計算する際には、以下のものは考慮されません:

    • 非表示のカラムの中身
    • プロパティリスト内、あるいはプログラミングによって設定された 行の高さ および 行高さ配列 プロパティ (あった場合)

      自動行高オプションを有効化すると、ランタイムにおいて追加の計算が必要となるため、リストボックスが大量の行数を持つ場合には、スクロール時のスムーズさに影響が出る可能性があります。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
rowHeightAutobooleantrue, false

対象オブジェクト

リストボックス列


フォーム上のオブジェクトの下の座標。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
bottomnumber最小値: 0

対象オブジェクト

4D View Pro エリア - 4D Write Pro エリア - ボタン - ボタングリッド - チェックボックス - コンボボックス - ドロップダウンリスト - グループボックス - 階層リスト - 入力 - リストボックス - - リストボックス列 - 楕円 - ピクチャーボタン - ピクチャーポップアップメニュー - プラグインエリア - 進捗インジケーター - ラジオボタン - 四角 - ルーラー - スピナー - スプリッター - スタティックピクチャー - ステッパー - サブフォーム - タブコントロール - テキストエリア - Web エリア


フォーム上のオブジェクトの左の座標。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
leftnumber最小値: 0

対象オブジェクト

4D View Pro エリア - 4D Write Pro エリア - ボタン - ボタングリッド - チェックボックス - コンボボックス - ドロップダウンリスト - グループボックス - 階層リスト - 入力 - リストボックス - - リストボックス列 - 楕円 - ピクチャーボタン - ピクチャーポップアップメニュー - プラグインエリア - 進捗インジケーター - ラジオボタン - ルーラー - 四角 - スピナー - スプリッター - スタティックピクチャー - ステッパー - サブフォーム - タブコントロール - テキストエリア - Web エリア


フォーム上のオブジェクトの右の座標。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
rightnumber最小値: 0

対象オブジェクト

4D View Pro エリア - 4D Write Pro エリア - ボタン - ボタングリッド - チェックボックス - コンボボックス - ドロップダウンリスト - グループボックス - 階層リスト - 入力 - リストボックス - - リストボックス列 - 楕円 - ピクチャーボタン - ピクチャーポップアップメニュー - プラグインエリア - 進捗インジケーター - ラジオボタン - ルーラー - 四角 - スピナー - スプリッター - スタティックピクチャー - ステッパー - サブフォーム - タブコントロール - テキストエリア - Web エリア


フォーム上のオブジェクトの上の座標。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
topnumber最小値: 0

対象オブジェクト

4D View Pro エリア - 4D Write Pro エリア - ボタン - ボタングリッド - チェックボックス - コンボボックス - ドロップダウンリスト - グループボックス - 階層リスト - 入力 - リストボックス - - リストボックス列 - 楕円 - ピクチャーボタン - ピクチャーポップアップメニュー - プラグインエリア - 進捗インジケーター - ラジオボタン - ルーラー - 四角 - スピナー - スプリッター - スタティックピクチャー - ステッパー - サブフォーム - タブコントロール - テキストエリア - Web エリア


角の半径

履歴
バージョン内容
v19 R7テキストと入力オブジェクトをサポート

フォームオブジェクトの角の丸みをピクセル単位で指定します。 デフォルトでは、角の半径は 0ピクセルとなっています。 このプロパティを変更することによって独自の形の角の丸いフォームオブジェクトを描画することができます:

最小値は 0 で、この場合には標準の (角の丸くない) フォームオブジェクトが描画されます。 最大値は四角のサイズに応じて変化し、動的に計算されます (ただし四角の短辺の半分を超えることはできません)。

テキスト および 入力 フォームオブジェクトについて:

  • 角の半径プロパティは、境界線スタイル "なし"、"標準"、"ドット" の場合にのみ利用可能です。
  • 角の丸みはフォームオブジェクトの外側に絵描画されます (つまり、オブジェクトはより大きく表示されますが、高さ プロパティは変更されません)。

このプロパティは、OBJECT Get corner radiusOBJECT SET CORNER RADIUS コマンドを使用して設定することもできます。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
borderRadiusinteger最小値: 0

対象オブジェクト

入力 - 四角 - テキストエリア


高さ

オブジェクトの縦のサイズを指定します。

オブジェクトによっては高さが規定されているものがあり、その場合は変更できません。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
heightnumber最小値: 0

対象オブジェクト

4D View Pro エリア - 4D Write Pro エリア - ボタン - ボタングリッド - チェックボックス - コンボボックス - ドロップダウンリスト - グループボックス - 階層リスト - 入力 - リストボックス - - リストボックス列 - 楕円 - ピクチャーボタン - ピクチャーポップアップメニュー - プラグインエリア - 進捗インジケーター - ラジオボタン - ルーラー - 四角 - スピナー - スプリッター - スタティックピクチャー - ステッパー - サブフォーム - タブコントロール - テキストエリア - Web エリア


オブジェクトの横のサイズを指定します。

  • オブジェクトによっては高さが規定されているものがあり、その場合は変更できません。
  • リストボックス列サイズ変更可 プロパティが設定されている場合には、ユーザーは手動でカラムサイズを変更することもできます。
  • リストボックスの 横方向サイズ変更 プロパティに "拡大" を設定している場合にフォームをリサイズすると、一番右のカラムの幅は必要に応じて最大幅を超えて拡大されます。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
widthnumber最小値: 0

対象オブジェクト

4D View Pro エリア - 4D Write Pro エリア - ボタン - ボタングリッド - チェックボックス - コンボボックス - ドロップダウンリスト - グループボックス - 階層リスト - 入力 - リストボックス - - リストボックス列 - 楕円 - ピクチャーボタン - ピクチャーポップアップメニュー - プラグインエリア - 進捗インジケーター - ラジオボタン - ルーラー - 四角 - スピナー - スプリッター - スタティックピクチャー - ステッパー - サブフォーム - タブコントロール - テキストエリア - Web エリア


最大幅

列の最大幅 (ピクセル単位)。 列やフォームをサイズ変更する際、このサイズよりも列幅を大きくすることはできません。

リストボックスの 横方向サイズ変更 プロパティに "拡大" を設定している場合にフォームをリサイズすると、一番右のカラムの幅は必要に応じて最大幅を超えて拡大されます。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
maxWidthnumber最小値: 0

対象オブジェクト

リストボックス列


最小幅

列の最小幅 (ピクセル単位)。 列やフォームをサイズ変更する際、このサイズよりも列幅を小さくすることはできません。

リストボックスの 横方向サイズ変更 プロパティに "拡大" を設定している場合にフォームをリサイズすると、一番右のカラムの幅は必要に応じて最大幅を超えて拡大されます。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
minWidthnumber最小値: 0

対象オブジェクト

リストボックス列


行の高さ

リストボックス行の高さを設定します (ヘッダーおよびフッターは除きます)。 デフォルトで、行の高さはプラットフォームとフォントサイズに基づき設定されます。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
rowHeightstring"em" または "px" (デフォルト) 単位の css 値

対象オブジェクト

リストボックス

参照

行高さ配列


行高さ配列

このプロパティは、リストボックスに関連付けたい行高さ配列の名前を指定するのに使用します。 行高さ配列は数値型である必要があります (デフォルトは倍長整数)。

行高さ配列が定義されているとき、0 ではない値の要素はそれぞれ、リストボックスの対応する行の高さを決定する際に、選択されている行の高さ単位に基づいて考慮されます。

たとえば:

ARRAY LONGINT(RowHeights;20)
RowHeights{5}:=3

ここで行の単位が "行" であったとすると、リストボックスの 5行目は 3行分の高さになる一方、他の行はデフォルトの高さを保ちます。

  • 行高さ配列プロパティは、階層リストボックスに対しては効力を持ちません。
  • 配列型のリストボックスの場合、このプロパティは 自動行高 オプションがチェックされていない場合に限り使用可能です。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
rowHeightSourcestring4D 配列変数の名前

対象オブジェクト

リストボックス

参照

行の高さ


横方向パディング

セルの水平方向のパディングを設定します。 値はピクセル単位です (デフォルトは 0)。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
horizontalPaddingnumberピクセル数 (>=0)

対象オブジェクト

リストボックス - リストボックス列 - フッター - ヘッダー

参照

縦方向パディング


縦方向パディング

セルの垂直方向のパディングを設定します。 値はピクセル単位です (デフォルトは 0)。

JSON 文法

名称データタイプとりうる値
verticalPaddingnumberピクセル数 (>=0)

対象オブジェクト

リストボックス - リストボックス列 - フッター - ヘッダー

参照

横方向パディング