メインコンテンツまでスキップ
バージョン: 20 R5 BETA

プロジェクトメソッドの許可

4DEVAL, 4DTEXT, 4DHTML などの 4Dタグや /4DACTION URL を使用すると、Webに公開された 4Dプロジェクトのあらゆるプロジェクトメソッドが実行できます。 たとえば、リクエスト http://www.server.com/4DACTION/loginlogin プロジェクトメソッドを (存在すれば) 実行します。

このメカニズムは具体的には、インターネット上のユーザーが故意に (あるいは予期せず) Web用でないメソッドを実行してしまうというような、アプリケーションのセキュリティを脅かすリスクをもたらします。 このリスクは以下の 3つの方法で回避できます:

  • On Web Authentication データベースメソッドを使用して URL から呼び出されるメソッドをフィルターする。 欠点: データベースに多くのメソッドが定義されている場合、この方法は管理が困難になります。

  • 公開オプション: 4DタグとURL (4DACTION...) (メソッドプロパティ) を使用する:

このオプションを使用してプロジェクトメソッドごとに、特別な URL 4DACTION4DTEXT, 4DHTML, 4DEVAL, 4DSCRIPT, 4DIF, 4DELSEIF, 4DLOOP などの 4Dタグを使用した呼び出しを許可するかしないかを設定できます。 このオプションがチェックされていない場合、そのプロジェクトメソッドは HTTPリクエストから直接実行することはできません。 他方、他のタイプの呼び出し (フォーミュラや他のメソッドからの呼び出しなど) ではこれらのメソッドを実行することができます。

このオプションはデフォルトでチェックされていません。 4DACTION やタグなどを使用して呼び出すことのできるメソッドは、明示的に指定する必要があります。

このプロパティが指定されたプロジェクトメソッドは、エクスプローラーで以下のアイコンが表示されます: