メインコンテンツまでスキップ
バージョン: 20 R5 BETA

プロジェクトのアーキテクチャー

4D プロジェクトは、一つのプロジェクトルートフォルダー (パッケージフォルダー) に格納された、複数のファイルやフォルダーから構成されています。 例:

  • MyPackage (プロジェクトルートフォルダー)
    • Components
    • Data
      • Logs
      • Settings
    • Documentation
    • Plugins
    • Project
      • DerivedData
      • Sources
      • Trash
    • Resources
    • Settings
    • userPreferences.username
    • WebFolder

バイナリデータベースから変換されたプロジェクトの場合には、追加のフォルダーが存在している場合があります (doc.4d.com にて "データベースをプロジェクトモードに変換する" 参照)。

Project フォルダー

典型的な Project フォルダーの構造です:

  • <applicationName>.4DProject ファイル
  • Sources
    • Classes
    • DatabaseMethods
    • Methods
    • Forms
    • TableForms
    • Triggers
  • DerivedData
  • Trash (あれば)

<applicationName>.4DProject ファイル

プロジェクトを定義し、起動するためのプロジェクト開発ファイルです。 このファイルを開くには次のいずれかが必要です:

4D プロジェクトの開発は 4D によっておこない、マルチユーザー開発はソース管理ツールによって管理します。 4D Server は .4DProject ファイルを開くことができますが、クライアントからの開発はおこなえません。

このテキストファイルには設定キー (具体的には "tokenizedText": false) が含まれる場合があります。

Sources

内容説明形式
catalog.4DCatalogテーブルおよびフィールド定義XML
catalog_editor.jsonストラクチャーエディターでのテーブル、フィールド、およびリンクのカスタム位置と色。 変換されたプロジェクトでは 互換性設定 に依存します。JSON
folders.json エクスプローラーフォルダー定義JSON
menus.jsonメニュー定義JSON
settings.4DSettingsストラクチャーデータベース設定。 ユーザー設定 または データファイル用のユーザー設定 が定義されている場合は、そちらの設定が優先されます (設定の優先順位 も参照ください)。 警告: コンパイル済みアプリケーションの場合、ストラクチャー設定は読み取り専用の .4dz ファイルに格納されます。 運用時にカスタム設定を定義するには、ユーザー設定を有効化 し、ユーザー設定 または データファイル用のユーザー設定 を使う必要があります。XML
tips.json定義されたヘルプTipsJSON
lists.json定義されたリストJSON
filters.json定義されたフィルターJSON
dependencies.jsonプロジェクトに ロードするコンポーネント の名前JSON
styleSheets.cssCSS スタイルシートCSS
styleSheets_mac.cssMac用 CSS スタイルシート (変換されたバイナリデータベースより)CSS
styleSheets_windows.cssWindows用 CSS スタイルシート (変換されたバイナリデータベースより)CSS

DatabaseMethods

内容説明形式
databaseMethodName.4dmプロジェクト内で定義されているデータベースメソッド (1つのデータベースメソッドにつき1ファイル)。text

Methods

内容説明形式
methodName.4dmプロジェクト内で定義されているプロジェクトメソッド (1つのメソッドにつき1ファイル)。text

Classes

内容説明形式
className.4dm特定のオブジェクトをインスタンス化するための、ユーザークラス用の定義メソッド。 1クラスにつき1ファイル。ファイル名がクラス名になります。text

Forms

内容説明形式
formName/form.4DFormプロジェクトフォームの定義json
formName/method.4dmプロジェクトフォームメソッドtext
formName/Images/pictureNameプロジェクトフォームのスタティックピクチャーpicture
formName/ObjectMethods/objectName.4dmオブジェクトメソッド (1つのオブジェクトメソッドにつき1ファイル)text

TableForms

内容説明形式
n/Input/formName/form.4DForm入力テーブルフォームの定義 (n: テーブル番号)json
n/Input/formName/Images/pictureName入力テーブルフォームのスタティックピクチャーpicture
n/Input/formName/method.4dm入力テーブルフォームのフォームメソッドtext
n/Input/formName/ObjectMethods/objectName.4dm入力テーブルフォームのオブジェクトメソッド (1つのオブジェクトメソッドにつき1ファイル)text
n/Output/formName/form.4DForm出力テーブルフォーム (n: テーブル番号)json
n/Output/formName/Images/pictureName出力テーブルフォームのスタティックピクチャーpicture
n/Output/formName/method.4dm出力テーブルフォームのフォームメソッドtext
n/Output/formName/ObjectMethods/objectName.4dm出力テーブルフォームのオブジェクトメソッド (1つのオブジェクトメソッドにつき1ファイル)text

Triggers

内容説明形式
table_n.4dmプロジェクト内で定義されているトリガーメソッド ( 1つのテーブルにつき1ファイル;n: テーブル番号)text

注: 拡張子 .4dm のファイルは、4Dメソッドのコードをテキスト形式で格納しており、 ソース管理ツールに対応しています。

Trash

プロジェクトから削除されたメソッドやフォームがあれば、Trash フォルダーにはそれらが格納されます。 たとえば、つぎのフォルダーが格納されている場合があります:

  • Methods
  • Forms
  • TableForms

削除された要素はファイル名に括弧が付いた形でフォルダー内に置かれます (例: "(myMethod).4dm")。 フォルダーの構成は Sources フォルダーと同じです。

DerivedData

DerivedData フォルダーには、処理を最適化するため 4D が内部的に使用するキャッシュデーターが格納されます。 これらは必要に応じて自動的に生成・再生成されます。 このフォルダーは無視してかまいません。

Libraries

このフォルダーは macOS でのみ使用されます。

Libraries フォルダーには、macOS 上で Apple Silicon用にコンパイル された結果のファイルが格納されます。

Resources

Resources フォルダーには、追加のカスタムプロジェクトリソースファイルやフォルダーが格納されます。 アプリケーションインターフェースの翻訳やカスタマイズに必要なファイルはすべてここに格納します (ピクチャー、テキスト、XLIFF ファイルなど)。 4D は自動のメカニズムによってフォルダー内のファイル (とくに XLIFF ファイルおよびスタティックピクチャー) を扱います。 リモートモードにおいては、サーバーとすべてのクライアントマシン間でファイルを共有することが Resources フォルダーによって可能です (4D Server リファレンスマニュアルリソースフォルダの管理 を参照ください)。

内容説明形式
項目プロジェクトリソースファイルとフォルダー様々
Images/Library/itemピクチャーライブラリの個別ピクチャーファイル(*)。 各アイテムの名称がファイル名となります。 名称が重複する場合には、名称に番号が追加されます。picture

(*) .4db バイナリデータベースから変換されたプロジェクトの場合のみ

Data

Data フォルダーには、データファイルのほか、データに関わるするファイルやフォルダーがすべて格納されています。

内容説明形式
data.4dd(*)レコードとして入力されたデータと、レコードに属するデータが格納されたデータファイルです。 4D プロジェクトを開くと、アプリケーションはカレントデータファイルをデフォルトで開きます。 このファイルの場所や名称を変更した場合は、データファイルを開く ダイアログボックスが表示され、使用するデータファイルを選択するか、新しいデータファイルを作成できます。binary
data.journalデータベースがログファイルを使用する場合のみ作成されます。 ログファイルは2つのバックアップ間のデータ保護を確実なものにするために使用されます。 データに対して実行されたすべての処理が、このファイルに順番に記録されます。 つまりデータに対して操作がおこなわれるたびに、データ上の処理 (操作の実行) とログファイル上の処理 (操作の記録) という 2つの処理が同時に発生します。 ログファイルはユーザーの処理を妨げたり遅くしたりすることなく、独立して構築されます。 データベースは 1つのログファイルしか同時に使用できません。 ログファイルにはレコードの追加・更新・削除やトランザクションなどの処理が記録されます。 ログファイルはデータベースが作成される際にデフォルトで生成されます。binary
data.match(内部用) テーブル番号に対応する UUIDXML

(*) .4db バイナリデータベースからプロジェクトに変換した場合、データファイルは変換による影響を受けません。 このデータファイルの名称を変更して移動させることができます。

Settings (ユーザーデータ)

この設定は ユーザー設定ストラクチャー設定 より優先されます。

この設定は ユーザー設定ストラクチャー設定 より優先されます。 設定の優先順位 も参照ください。

内容説明形式
directory.jsonこのデータファイルを使ってアプリケーションが実行されている場合に使用する 4D グループとユーザー、およびアクセス権の定義JSON
Backup.4DSettingsこのデータファイルを使ってデータベースが実行されている場合に使用する バックアップオプション を定義したデータベースバックアップ設定です。 バックアップ設定に使われるキーについての説明は バックアップ設定ファイル マニュアルを参照ください。XML
settings.4DSettingsデータファイル用のカスタムデータベース設定。XML

Logs

Logs フォルダーには、プロジェクトが使用するすべてのログファイルが格納されます。 以下のログファイルが格納されます:

  • データベース変換
  • Webサーバーリクエスト
  • バックアップ/復元アクションのジャーナル (Backup Journal[xxx].txtバックアップジャーナル 参照)
  • コマンドデバッグ
  • 4D Serverリクエスト (クライアントマシンおよびサーバー上で生成)

データフォルダーが読み取り専用モードの場合やメンテナンスログファイルの保存には、システムのユーザー設定フォルダー (Active 4D Folder のこと、詳しくは Get 4D folder コマンド参照) 内にある Logs フォルダーが利用されます。

Settings (ユーザー)

この設定は ストラクチャー設定 より優先されます。

この設定は ストラクチャー設定 より優先されます。 しかしながら、データファイル用のユーザー設定 が存在する場合は、そちらが優先されます。 設定の優先順位 も参照ください。

内容説明形式
directory.json4D グループとユーザー、およびアクセス権の定義JSON
Backup.4DSettingsバックアップ開始時に バックアップオプション を指定するためのデータベースバックアップ設定です。 このファイルは、バックアップジャーナル に保存する情報量などの追加オプションの確認や設定にも使用することができます。 バックアップ設定に使われるキーについての説明は バックアップ設定ファイル マニュアルを参照ください。XML
BuildApp.4DSettingsアプリケーションビルダーのダイアログボックス、または BUILD APPLICATION コマンドを使ったときに自動的に作成されるビルド設定ファイルXML
settings.4DSettingsプロジェクト用のカスタム設定 (すべてのデータファイル)XML
logConfig.jsonカスタムの ログ設定ファイルjson

userPreferences.<userName>

ブレークポイントやウィンドウの位置など、ユーザーの環境設定を定義するファイルを格納するフォルダーです。 このフォルダーは無視してかまいません。 格納されるファイルの例です:

内容説明形式
methodPreferences.jsonカレントユーザーのコードエディター環境設定JSON
methodWindowPositions.jsonカレントユーザーのメソッドのウィンドウポジションJSON
formWindowPositions.jsonカレントユーザーのフォームのウィンドウポジションJSON
workspace.json開かれているウィンドウのリスト;macOS ではタブウィンドウの順序JSON
debuggerCatches.jsonキャッチコマンドリストJSON
recentTables.json最近開かれたテーブルのリストJSON
preferences.4DPreferencesカレントデータパスおよび主なウィンドウの位置XML
CompilerIntermediateFilesApple Silicon用にコンパイルした結果生成される中間ファイルFolder

Components

プロジェクトに埋め込まれたコンポーネントを格納するフォルダー (Projectフォルダーと同じ階層に保存する必要があります)。 これらのコンポーネントは、他のどの場所よりも優先されます。

info

dependencies.jsonファイルと environment4d.jsonファイル (任意) を使用して、コンポーネントを宣言することもできます。

Plugins

アプリケーションプロジェクトが利用するプラグインを格納するフォルダーです。 このフォルダーは、Project フォルダーと同じ階層に置きます。

Documentation

このフォルダーには、クラス・メソッド・フォームなどのプロジェクト要素について作成されたドキュメンテーションファイル (.md) がすべて格納されます。 ドキュメンテーションファイルは、4D エクスプローラーにて表示・管理されます。

詳細については プロジェクトのドキュメンテーション を参照ください。

WebFolder

ページ、ピクチャーなどのための、4D Web サーバーのデフォルトのルートフォルダー。 Web サーバーが初回起動時に、自動で作成されます。

.gitignore ファイル (任意)

git が無視するファイルを指定します。 プロジェクトに gitignore ファイルを含めるには、環境設定 > 一般 ページの .gitignore ファイルを作成する オプションを使用します。 このファイルの内容を設定するには、.gitignore ファイルを作成する を参照ください。