メインコンテンツまでスキップ
バージョン: v20 R4 BETA

WebFormItem

履歴
バージョン内容
v20 R2追加

4D.WebFormItem オブジェクトは、Web Form コマンドによって返される 4D.WebForm オブジェクトのプロパティです。

WebFormItem クラスについては、Qodly ドキュメンテーション (英語) で詳しく説明しています。

WebFormItem オブジェクト

.addCSSClass(className : string)    className で指定されたクラスをコンポーネントに追加します
.hide()    コンポーネントを非表示にします
.removeCSSClass(className: string)    className で指定されたクラスをコンポーネントから削除します
.show()    コンポーネントを表示状態にします

.hide()

.hide()

引数タイプ説明
引数を必要としません

説明

.hide() 関数は、 コンポーネントを非表示にします。

詳細については、Qodly ドキュメンテーションの .hide() の説明 を参照ください。

.show()

.show()

引数タイプ説明
引数を必要としません

説明

.show() 関数は、 コンポーネントを表示状態にします。

詳細については、Qodly ドキュメンテーションの .show() の説明 を参照ください。

.addCSSClass()

.addCSSClass(className : string)

引数タイプ説明
classNamestring->コンポーネントに追加する CSSクラスの名前。

説明

.addCSSClass 関数は、 className で指定されたクラスをコンポーネントに追加します。

詳細については、Qodly ドキュメンテーションの .addCSSClass() の説明 を参照ください。

.removeCSSClass()

.removeCSSClass(className: string)

引数タイプ説明
classNamestring->コンポーネントから削除する CSSクラスの名前。

説明

.removeCSSClass() 関数は、 className で指定されたクラスをコンポーネントから削除します。

詳細については、Qodly ドキュメンテーションの .removeCSSClass() の説明 を参照ください。