メインコンテンツまでスキップ
バージョン: v19 R8 BETA

リリースノート

4D v19 R8

4D v19 R8 の新機能: 4D v19 R8 の新機能と拡張機能をすべてリストアップしたブログ記事です。

ハイライト

動作の変更

  • HTTP RFC に準拠するため、HTTPRequestClass.response.headers プロパティは、すべてのヘッダー名を 小文字で 返すようになりました。 以前と同じふるまいが必要な場合には、新しい HTTPRequestClass.response.rawHeaders プロパティを使用します。
  • 標準アクションが適用されている リンクされているポップアップメニューの付いたベベルボタン で、ポップアップメニューのオプションが選択された場合、その標準アクションは実行されなくなりました。
  • Blink (CEF) を使用する Webエリアにおいて、外部スクリプトによって表示されるダイアログは、 setTimeout() JS 関数から呼び出されていないとブロックされるようになりました。 これは、現在のCEFのアップデートにより、alert()print() などの関数によって表示されるダイアログが、OS ではなく Web エリアで処理されるようになったためです。 WA Evaluate JavaScriptWA EXECUTE JAVASCRIPT 参照。

過去のリリース

過去のリリースについてはこちらをクリックしてください。

4D v19 R7

4D v19 R7 の新機能: 4D v19 R7 の新機能と拡張機能をすべてリストアップしたブログ記事です。

ハイライト

動作の変更

  • 標準的なインターフェース (OS のファイルエクスプローラなど) との一貫性を保つため、行の選択/ドラッグ&ドロップに関するリストボックスのルールが変更されました。 連続または不連続の選択行をクリックして移動するだけで、ドラッグできるようになり、Alt キーは不要になりました (ひきつづき以前のように使用することはできます)。 Shift または Ctrl/Command キーが押されている場合、マウスのクリックは押されたとき (マウスダウン) に考慮されます。 リストボックスでのドラッグ&ドロップの詳細については、このブログ記事 を参照し、このHDI 4Dプロジェクト をダウンロードしてください。

  • 4D v19 R7 から 4D の内部ビルド番号が変更されました:

    • 4D v19 R6 (含む) までのリリースは 282xxx の番号です。

    • 4D v19 R7 からのリリースは 100xxx と番号付けされます。

      特定の 4Dバージョンは、ブランチ名とビルド番号により一意に識別されます。 ビルド番号は時系列に増加します。

4D v19 R6

4D v19 R5

4D v19 R4

4D v19 R3

4D v19 R2

4D v19

4D v18 R6

ライブラリの一覧

4D で使用されているライブラリについてはこちらをクリックしてください。
ライブラリ現在のバージョン更新された 4D バージョン説明
SpreadJS15.2.519 R84D View Pro エンジン
CEF106.0.2719 R8Chromium 106.0.5249.103
OpenSSL1.1.1s19 R7
libzip1.7.319 R2Zip クラス、4D Write Pro、svg および serverNet コンポーネントによって使用。
webKitWKWebView19
ICU68.118 R6このアップグレードにより、英数字とテキスト、オブジェクトのインデックスが自動的に再構築されます。
PHP7.3.2718 R6
libldap2.4.4818 R2